近視治療・レーシックの最近のブログ記事

品川近視クリニックの保障制度

レーシックと言えば品川近視クリニックですかね。
品川近視クリニックには保障制度があります。
手術を受けた人に対して安心して生活を送ってもらうために、
アフターサービスを提供しています。

レーシックをして、万が一視力低下して再度手術をしなければいけないとなった時に、
いままでは、保障期間中であれば最強性が再矯正が無料だったんですが、
サポート会員に入会することで、痛み緩和プログラム、
いつでも電話、メール相談無料などのケアを受けられます。
痛み緩和プログラムは術後の痛みを可能な限り軽減してくれるプランです。
この会員になるために会員費などは必要ありません。

注意が必要なのは、手術を受けた内容です。
どんな手術をしたのかによって保障期間が変わってきます。

また最強性に関しては、必要だと診断された場合だけで、
1回だけ無料となっているのは変わりません。

また保障免責事由もあるので、一応チェックしておいたほうが良いかもしれません。
どんな理由にせよ保障してくれるというわけではありませんから、
手術前にチェックしておいたほうが良いかと思います。

レーシックって病院によっては下手な場合もあるのか・・・。
できれば上手なところでレーシックしてもらいたいですよね。

レーシックは最新の医療機器を使って手術しています。
だからといってどの病院でも平気とはやっぱり言えないようです。
眼科医によっては上手、下手がある・・・。
当然と言えば当然なのかもしれません。

最新のレーシックの機器というのは半自動だそうです。
でも、オートといっても結局は諸動作は必要になってきます。
レーザーを照射するにしても位置を決めるのは医師です。
オートといってもやっぱり医師が作業しないといけないんですね。

経験が豊富な医師ほどやはり安心ですし、
誰がオペを行ってもいいといいということになっていませんし、
レーシック手術だってガイドラインにのっとって行われています。

熟練した医師が手術を行わなければいけないわけですから、
レーシックだって医師によってはうまい下手があると考えて、
しっかりと病院選びをしなければいけませんね。

レーシックと頭痛・・・
あんまり関係なさそうなんですが、これが大ありなんですよね。

レーシックをして実際に頭痛に悩むようになったという人もいるそうです。
必ず頭痛に悩むことになるということではありませんが、
視力向上して頭痛が・・・という人は肩こりなんかでも悩んでいるそうです。
なんでそうなってしまうのか??

レーシック手術したら見えすぎて頭が痛い・・・
これが結構あるらしいんですね。

眼鏡をしている人の中には、頭痛に悩むことがあるって人っているんじゃないかと思います。
眼鏡で視力矯正しているのが関係しているからなんだそうですが、
眼鏡ってめが疲れるんですよね。
肩こりなんかもあったりしますし、ひどい場合頭痛がある場合も少なくありません。

レーシックをすると短時間で視力回復できます。
でも、急激な回復となるので、慣れるまでに時間がかかるんですよね。
だって何年も見えないのが当たり前だったんですから、ついていかないのは当たり前です。

とはいっても頭痛だって永遠ではないと言います。
慣れてくれば自然と頭痛も収まってくるということなので、
ある程度の期間は慣れるまで頭痛と付き合っていくことになる場合があるようです。


レーシックは視力回復できる手術です。
でもこの手術をすることで網膜剥離になるとか・・・。
そういう噂があるんですよね。
実際にはどうなんですかね??
レーシックをすでに受けた人、これから受ける人、
検討している人にとっては真実を知っておきたいところですよね。

近視の中でも強度近視の人の場合は、眼球の奥行きが伸びてしまっている状態だそうです。
網膜が部分的に弱くなってしまっているので、網膜の疾患にかかりやすいそうです。

レーシックの手術をする場合は眼球を固定します。
固定するということは力がかかっているということになります。
もし網膜に穴あいてしまう、網膜裂孔があると、

この圧で網膜剥離に進行する可能性はあるということなんですね。
でも、手術前にはかならず検査があります。
この時に、網膜裂孔があるということはわかります。
レーシック手術を勧めない、もしくは網膜の疾患のほうを治療するのが普通です。

またレーシック手術をするということは、目にストレスがかかる行為になります。
ですから網膜の疾患云々に関係なく網膜剥離になる可能性はゼロとは言い切れないそうです。
でも、非常にまれな例であり、
リスクとして考えられることとしてとらえておいたほうが良いみたいです。

とはいってもちゃんとしているクリニックで有れば、
適性検査のときに網膜の検査もしっかりとしています。
こういうところであれば、安心して手術を任せられるのではないかと思います。

レーシックどうなの?

レーシックに対してちょっと不安になるようなニュースがありましたよね。
なんでそんなことになったのか...これからレーシックしようと思ってた人は躊躇してしまったのではないかと思います。

ニュースの内容は...まず今月の話でしたね。
消費者庁が4日、近視を矯正するレーシック手術を受け、
目の痛みや「矯正され過ぎて頭痛や吐き気がする」など健康被害の情報が、
平成21年度以降、全国の消費生活センターなどに計80件寄せられたと発表したことに始まります。
80件...多いと言えば多いですかね。
レーシックをした人はもっといるとは思いますが、
もし、たとえば盲腸の手術をした人の80件が健康被害があったというか、
失敗があったとなればそりゃあ問題になりますよね。
まぁ盲腸の手術に例えるのもどうかとは思いますが、手術という点でたとえにしてみました。

しかも、アンケートでは回答者の約半数が術後に何らかの不調や不満を訴えたそうです。
ですから、「安易に手術を受けず、医療機関から説明を受けてリスクを理解した上で慎重に検討してほしい」
と注意を呼び掛けた次第です。

ちなみにアンケートは11月、インターネット上でレーシック手術経験者600人を対象に実施しました。
74%が術後に「希望の視力になった」と答えました。
希望通りでなかったり、元の視力に戻ったりした人が計18%、
「矯正され過ぎた」人も5%いたということです。
手術する病院選びが肝心ということでしょうね。
あとは症例数の多さなどそういったことも大事なんでしょうね。
それとカウンセリングをしっかりとしてくれるかというのもポイントでしょうね。

眼鏡?レーシック?

大人になってからだんだんと目が悪くなる...
よくあることですよね。
乱視で視力低下という人は結構多いみたいですね。
そこで眼鏡というわけですが、最近はすごく安く眼鏡を購入出来ますし、
お洒落の一つとして眼鏡を何本も持っているという人もいますよね。

でも眼鏡ってやっぱり不便と言えば不便です。
外すとすごく見えずらくなってしまいますよね。
これが問題なんですよね~。

視力をよくする・・・回復?というわけじゃないですが、
レーシックとい方法もありますよね。
光に弱くなるとかありますが、人気の手術です。
実際芸能人でもレーシックをしているという人は多いですよね。
スポーツ選手でもレーシックをしている人は少なくありません。
どうしようもなく眼鏡などが不便だと感じた場合には、
選択肢の一つとしてよいかもしれませんね。

レーシックといっても何種類かあります。
医師に相談して、決めると良いですね。
あとレーシックをする場合、一応保険会社にも問い合わせしておくとよいかもしれません。
もしかしたら費用が多少出るかもしれませんよ。



レージックとは既に世間で広く知られている視力回復手術ですが、品川近視クリニックのレーシックはレージック業界でナンバーワンの実績を誇っています。
品川近視クリニックでは常に最新の医療機器と高い技術で満足のいく手術を行なっていて、コスト面においても業界の中でも群を抜いていることで人気です。


他の多くのクリニックではメーカーなど外部にメンテナンスを委託しているのに対して、品川近視クリニックでは自社で専門のスタッフが機器メンテナンスを行なっており、そのためにトラブルが起きてもすぐに対応することが出来ると、信頼度が非常に高いとして認識されているのです。
レーシック手術はやはり大事な目に関することなので、なるべく安心出来るところで行いたいというのは誰もが望んでいることですね。


さらに品川近視クリニックではレージック手術後の回復率はほぼ100パーセントという数字になっていて、万が一視力が戻ってしまった時でも無料で再手術を行なってくれるので安心です。

参考ページ:品川近視クリニックのココがすごい!

神戸クリニックのレーシックについて

神戸クリニックのレーシックは、他のクリニックと異なる特徴がいくつかあります。
その1つ目には神戸クリニックでは一人ひとりにしっかりとした適応検査を行なっていて、まずはレーシックを行なっても大丈夫なのかを調べることです。
レーシック手術は決して誰もが受けられる手術ではなく、目にレーザーを入れて角膜を削るという手術のために多少のリスクはどうしても伴うものです。
中にはレーシック手術を受けても視力が戻らない人もいれば最悪失明してしまう人もいるのです。
神戸クリニックでは事前にしっかりと適応検査を行うことでいろいろなリスクを回避することが出来きます。
神戸クリニックでは数をこなして利益を出すだけのクリニックではなく、安全を第一に考えているクリニックなのです。


神戸クリニックでは安心して手術を受けられるシステムとして、検査から手術、そしてアフターケアまで全て同じ担当の先生が行なってくれます。
これにより患者さんは怖がらずに手術を受けられることになるのです。
神戸クリニックではただ安いだけのレーシック手術は行なっていないのですが、それには理由があって、神戸クリニックでは生涯保障制度を設けていて、生涯に渡り患者さんを保障してくれる制度をとっていて、これは他のクリニックではなかなか考えられない制度なのです。

錦糸眼科のレーシックについて

錦糸眼科のレーシックについて説明すると、錦糸眼科では日本ではじめてレーシックの手術を行ったことで知られている医療機関で、錦糸眼科でもアメリカの厚生省であるFDAが1位にランクした最先端のWave-frontエキシマレーザーを使用して安全性を高めています。


錦糸眼科では以前騒がれたレーシック手術での感染症は今まで一度も確認されてはいなく、錦糸眼科の医院長では今まで4万件以上もの実績を誇るスーパードクターとして非常に人気が高く、医院長の指名料を支払って指名する患者さんも多数存在しているほどです。


錦糸眼科は東京の他にも札幌、名古屋、大阪、福岡などにあり、どこも駅のそばで患者さんに便利に通いやすくしてくれています。
錦糸眼科では前には術後の検査料や薬代がかかっていたのですが、現在はレーシック後の検診料や薬代は全て無料になったので、今までそれらの費用がかかるから錦糸眼科を敬遠していた人の不安は解消されました。


さらにレーシック後には5年保証もつくようになったので、後のことも安心してレーシック手術が受けられるようになったのです。