レーシックは網膜はく離になり易いって本当?

レーシックは視力回復できる手術です。
でもこの手術をすることで網膜剥離になるとか・・・。
そういう噂があるんですよね。
実際にはどうなんですかね??
レーシックをすでに受けた人、これから受ける人、
検討している人にとっては真実を知っておきたいところですよね。

近視の中でも強度近視の人の場合は、眼球の奥行きが伸びてしまっている状態だそうです。
網膜が部分的に弱くなってしまっているので、網膜の疾患にかかりやすいそうです。

レーシックの手術をする場合は眼球を固定します。
固定するということは力がかかっているということになります。
もし網膜に穴あいてしまう、網膜裂孔があると、

この圧で網膜剥離に進行する可能性はあるということなんですね。
でも、手術前にはかならず検査があります。
この時に、網膜裂孔があるということはわかります。
レーシック手術を勧めない、もしくは網膜の疾患のほうを治療するのが普通です。

またレーシック手術をするということは、目にストレスがかかる行為になります。
ですから網膜の疾患云々に関係なく網膜剥離になる可能性はゼロとは言い切れないそうです。
でも、非常にまれな例であり、
リスクとして考えられることとしてとらえておいたほうが良いみたいです。

とはいってもちゃんとしているクリニックで有れば、
適性検査のときに網膜の検査もしっかりとしています。
こういうところであれば、安心して手術を任せられるのではないかと思います。