2013年12月アーカイブ

レーシックどうなの?

レーシックに対してちょっと不安になるようなニュースがありましたよね。
なんでそんなことになったのか...これからレーシックしようと思ってた人は躊躇してしまったのではないかと思います。

ニュースの内容は...まず今月の話でしたね。
消費者庁が4日、近視を矯正するレーシック手術を受け、
目の痛みや「矯正され過ぎて頭痛や吐き気がする」など健康被害の情報が、
平成21年度以降、全国の消費生活センターなどに計80件寄せられたと発表したことに始まります。
80件...多いと言えば多いですかね。
レーシックをした人はもっといるとは思いますが、
もし、たとえば盲腸の手術をした人の80件が健康被害があったというか、
失敗があったとなればそりゃあ問題になりますよね。
まぁ盲腸の手術に例えるのもどうかとは思いますが、手術という点でたとえにしてみました。

しかも、アンケートでは回答者の約半数が術後に何らかの不調や不満を訴えたそうです。
ですから、「安易に手術を受けず、医療機関から説明を受けてリスクを理解した上で慎重に検討してほしい」
と注意を呼び掛けた次第です。

ちなみにアンケートは11月、インターネット上でレーシック手術経験者600人を対象に実施しました。
74%が術後に「希望の視力になった」と答えました。
希望通りでなかったり、元の視力に戻ったりした人が計18%、
「矯正され過ぎた」人も5%いたということです。
手術する病院選びが肝心ということでしょうね。
あとは症例数の多さなどそういったことも大事なんでしょうね。
それとカウンセリングをしっかりとしてくれるかというのもポイントでしょうね。