品川近視クリニックの保障制度

レーシックと言えば品川近視クリニックですかね。
品川近視クリニックには保障制度があります。
手術を受けた人に対して安心して生活を送ってもらうために、
アフターサービスを提供しています。

レーシックをして、万が一視力低下して再度手術をしなければいけないとなった時に、
いままでは、保障期間中であれば最強性が再矯正が無料だったんですが、
サポート会員に入会することで、痛み緩和プログラム、
いつでも電話、メール相談無料などのケアを受けられます。
痛み緩和プログラムは術後の痛みを可能な限り軽減してくれるプランです。
この会員になるために会員費などは必要ありません。

注意が必要なのは、手術を受けた内容です。
どんな手術をしたのかによって保障期間が変わってきます。

また最強性に関しては、必要だと診断された場合だけで、
1回だけ無料となっているのは変わりません。

また保障免責事由もあるので、一応チェックしておいたほうが良いかもしれません。
どんな理由にせよ保障してくれるというわけではありませんから、
手術前にチェックしておいたほうが良いかと思います。

近視って遺伝するの?

近視は遺伝するのか・・・。
親が眼鏡をかているとこどもも結構な確率で眼鏡していますよね。
ってことは遺伝なんじゃない??
確かに近視が遺伝であるということであれば、話は簡単に済むのかもしれません。
本当に遺伝するのか・・・こればっかりは眼科医によっても答えは違うそうです。

親が近視の場合、子供がめが悪くなると、
仕方ないね・・・で結構すんでしまう場合は多いんじゃないかと思います。

眼鏡一家なんてのも少なくありません。
でも、一概に遺伝だけで片付く話ではないそうです。

どのように生活をしているかによっても近視になったりもするようです。
よく言われるのは暗いところで本を読んだりしているから近視になったって話。
でも、暗いところでどんなに本を読んでも近視にならない人もいます。
すでに近視であり、暗いところで本を読んだりしているとさらに近視が強くなることはあるそうです。

近視になるかどうかは眼軸の長さによるそうです。
長い人ほど近視になりやすいんだそうです。
一応体の一部なので、親かが長くて子供も長くなってしまう。
性格が似ているとか、顔が似ているとか、そういうのと同じ話みたいですね。

レーシックって病院によっては下手な場合もあるのか・・・。
できれば上手なところでレーシックしてもらいたいですよね。

レーシックは最新の医療機器を使って手術しています。
だからといってどの病院でも平気とはやっぱり言えないようです。
眼科医によっては上手、下手がある・・・。
当然と言えば当然なのかもしれません。

最新のレーシックの機器というのは半自動だそうです。
でも、オートといっても結局は諸動作は必要になってきます。
レーザーを照射するにしても位置を決めるのは医師です。
オートといってもやっぱり医師が作業しないといけないんですね。

経験が豊富な医師ほどやはり安心ですし、
誰がオペを行ってもいいといいということになっていませんし、
レーシック手術だってガイドラインにのっとって行われています。

熟練した医師が手術を行わなければいけないわけですから、
レーシックだって医師によってはうまい下手があると考えて、
しっかりと病院選びをしなければいけませんね。

レーシックと頭痛・・・
あんまり関係なさそうなんですが、これが大ありなんですよね。

レーシックをして実際に頭痛に悩むようになったという人もいるそうです。
必ず頭痛に悩むことになるということではありませんが、
視力向上して頭痛が・・・という人は肩こりなんかでも悩んでいるそうです。
なんでそうなってしまうのか??

レーシック手術したら見えすぎて頭が痛い・・・
これが結構あるらしいんですね。

眼鏡をしている人の中には、頭痛に悩むことがあるって人っているんじゃないかと思います。
眼鏡で視力矯正しているのが関係しているからなんだそうですが、
眼鏡ってめが疲れるんですよね。
肩こりなんかもあったりしますし、ひどい場合頭痛がある場合も少なくありません。

レーシックをすると短時間で視力回復できます。
でも、急激な回復となるので、慣れるまでに時間がかかるんですよね。
だって何年も見えないのが当たり前だったんですから、ついていかないのは当たり前です。

とはいっても頭痛だって永遠ではないと言います。
慣れてくれば自然と頭痛も収まってくるということなので、
ある程度の期間は慣れるまで頭痛と付き合っていくことになる場合があるようです。


レーシックは視力回復できる手術です。
でもこの手術をすることで網膜剥離になるとか・・・。
そういう噂があるんですよね。
実際にはどうなんですかね??
レーシックをすでに受けた人、これから受ける人、
検討している人にとっては真実を知っておきたいところですよね。

近視の中でも強度近視の人の場合は、眼球の奥行きが伸びてしまっている状態だそうです。
網膜が部分的に弱くなってしまっているので、網膜の疾患にかかりやすいそうです。

レーシックの手術をする場合は眼球を固定します。
固定するということは力がかかっているということになります。
もし網膜に穴あいてしまう、網膜裂孔があると、

この圧で網膜剥離に進行する可能性はあるということなんですね。
でも、手術前にはかならず検査があります。
この時に、網膜裂孔があるということはわかります。
レーシック手術を勧めない、もしくは網膜の疾患のほうを治療するのが普通です。

またレーシック手術をするということは、目にストレスがかかる行為になります。
ですから網膜の疾患云々に関係なく網膜剥離になる可能性はゼロとは言い切れないそうです。
でも、非常にまれな例であり、
リスクとして考えられることとしてとらえておいたほうが良いみたいです。

とはいってもちゃんとしているクリニックで有れば、
適性検査のときに網膜の検査もしっかりとしています。
こういうところであれば、安心して手術を任せられるのではないかと思います。

目の仕組みって??

眼ってどんな仕組みになっているんだろう??
そんなことを考えたことはありますかね?
眼は眼球と視神経、瞼、涙腺などの眼球付属器で成り立っているそうです。
眼球は骨のくぼみの中におさまっています。
それはわかりますよね。
そして視神経で脳に連絡をしているそうです。

眼球自体はみんな大きさは同じくらいだと言いますよね。
眼が大きいから眼球が大きいとかそういうことではないそうです。
成人の場合には直径は24mm程の球型だそうです。

目の仕組みはカメラと同じ感じだそうです。
前眼房と角膜は凸レンズの働きをしているそうです。
焦点を合わせる役目を持っています。

そして、毛様体筋、毛様体小帯、水晶体、虹彩でピントを合わせているそうです。
そして距離に応じて水晶体の厚みを変化させて、ピンと合わせをしているそうです。

普段自分の目がまさかこんなにも仕事をしているなんて・・・
なかなか考えたりしないですよね^_^;

目が疲れた~

目が疲れた~とかんじることってありますか?
パソコンやスマホを長時間見ていると、疲れを感じますよね。
目の疲れって肩こりにもなりますし、頭が痛くなることもあります。
疲れ目だから~と思っていると眼精疲労かも??


疲れ目と眼精疲労って違うんですって。
眼精疲労は治療しないといけないとか・・・。
目薬さしてOKって話ではないそうです。

目が疲れやすいのは、パソコン作業などです。
スマホの普及も拍車をかけているんじゃないかと思います。
ブルーライトをカットする眼鏡も出来ているくらいですしね。
長時間画面と睨めっこ状態の人がそれだけ多いってことなんでしょうね。

また画面上だけではなく、本でも目の疲れは起こります。
雑誌などみるものに関しては目の疲れが起こることがあるということですね。
さらに休息する時間が少ないのもいけないそうです。
目の休息・・・つまり睡眠ですね。
寝ている間しか眼は休むことが出来ないんですね。
起きている間は眼をずっと開けている状態ですしね・・・。
何となく納得ですね。

乱視ってどんなの?

さて、近視や遠視、老眼とともに眼の不自由と言えば・・・。
乱視ですよね。
乱視の人って意外と多いんですよね。

そもそも見るとはどういうことなんですかね?
見るというのは見ている対象物からの光を眼で感じているんだそうです。
どういう仕組みなのかは説明するとちょっと長いんですが、
虫眼鏡で光を集めたことがあると思いますが、
そんな感じのことが眼では起きているそうなんです。
人間の体って不思議・・・としみじみ思ってしまいますね。

さて乱視は眼のレンズの働きをしている部分が歪んでしまっているそうです。
歪んでいる状態・・・想像できますかね?
一点に定まらなくなってしまいます。
ずれが生じてしまうので乱視となってしまうようですね。

乱れて見えるのでぐちゃぐちゃ、重なるそんな感じで見えます。
ぼやけるというのもありますかね。
乱視も眼鏡などで矯正しないといけなくなります。

まずは眼科へ行かないといけません。
矯正が必要だということであれば眼鏡などを作る必要があります。

近視の人は老眼にならないの?

老眼・・・老眼は中高年になってくるとなる人が増えてきますよね。
でも老眼にならない人がいると言われています。
それは近視の人です。

近視の人は老眼になりにくい、もしくは、ならないと言われています。
でも、そうじゃないそうです。
近視の人はもともと遠くが見えません。
そのため、つねに眼鏡やコンタクトレンズなどで視力を矯正しています。
老眼が始まると眼鏡やコンタクトをしていると近くが見えずらくなります。
そして外すと遠くが見えやすくなります。
結局、気付きにくいだけだそうです。

ということで、近視の人が老眼にならないというのは違うんですね。
もし近視の人が老眼ではないか?と思うきっかけがあるのなら、
眼鏡をしているときに、遠くが見えやすく、近くが見えずらい。
そして外すと近くがよく見えるとなると老眼が始まっているのかもしれません。
なんだかわけがわからなくなってしまう感じの判断の仕方になってしまいますが、
こうしたことが起こるそうです。

近視になるのはなぜ?

なぜ近視になるのか?考えたことありますか?
近視って原因がはっきりとは分かっていないそうです。
でも遺伝は本当にあるみたいです。
そしてやっぱり近くで何かを見ていると近視になるみたいですね。
本を読んだり、パソコンを使ったり、スマホであったりゲームであったり、
長時間見続けていると近視になりやすいそうです。
ということは今の世の中って近視になるように出来ているようなものですよね。

近視には種類があるそうで、
軸性近視と屈折性近視などがあるそうです。私たちが普段近視といっているのは軸性近視だそうです。
この軸性近視なんですが先ほど原因として述べた遺伝ですが、遺伝で起こるのは軸性近視です。

軸性近視は目の縦の軸が長くなってしまって起こる近視です。
じゃあ短くすればいいんでしょ?と思うかもしれませんが、これは短くすることが難しいです。
つまり治らない近視ということですね。

だったらレーシックは何なんだ?という話になりますが、
レーシックは別にこれを短くしているわけではありません。
角膜を削って矯正しているだけなんで根本的な治療をしているわけじゃないんですね。